仕事をしていて楽しいと思える人はたくさんいるのに、自分ばかりつらいと感じていると、どよーんとした気分になりますよね。仕事がつらいと感じてしまうのはどうしてなのでしょう。

仕事をつらいと感じるオーソドックスな3つの理由をズバリ、お教えしましょう。

【1】身の丈に合わない仕事をしているから

仕事が自分の身の丈に合っていないと仕事はよりつらく感じます。身の丈に合っていないというのは自分ができる許容量を超えた仕事をしているということです。仕事の量や仕事の質が自分のキャパをオーバーしているということはありませんか?このような人は仕事をつらいと感じやすいです。

仕事がつらいと感じる理由はあなたの身の丈に合わない許容量を超えた仕事をしているからです。現在の仕事が本当に自分に合っているのかどうか考え直した方がいいでしょう。

【2】仕事の成果が出なくて焦っているから

仕事がつらいと感じているのは焦っている証拠でもあります。どんなに頑張ってコツコツ仕事をしても、成果が出ないと人間は焦ります。

また、周りに自分よりできる人がいるとさらに焦ります。一生懸命頑張っているのに頑張った分相応の成果がないと、どんどん焦りを感じてプレッシャーがかかるのです。こうしたことが仕事がつらくなる原因です。

人一倍努力しているのに仕事が覚えられなかったり、何度努力をしてもうまくいかないと自分への自信を失います。そうした環境でいることで、どんどん仕事をつらいと思ってしまうのです。焦りを捨てましょう。仕事の努力の結果はすぐには出ないということを受け入れて焦りは捨ててください。

【3】職場の人間関係が悪いから

仕事以上に重要なのは職場の人間関係です。もしかして仕事がつらいと感じるのは精神的な原因からではないでしょうか。

仕事が嫌なのではなく、職場内の人間関係のせいで仕事をつらいと感じる人はいます。職場でコミュニケーションがうまく取れず居場所がないと思ったり、嫌な先輩に目の敵にされていじめられたり、嫌がらせを受けていると仕事をつらいと感じます。

仕事に何の問題もないのなら仕事がつらいと感じる理由は人間関係にありますね。

最後に

実は仕事がつらくない人なんてそういません。仕事をしていれば普通は大なり小なり「つらい」ということにぶち当たるものなのです。つらいのは自分だけじゃないと思えば、少しは気持ちが楽になるのではありませんか?

周りの家族や友人や同じ職場の人に思いきって仕事はつらくないか聞いてみてください。おそらく多くの人があなたと同じようにつらいと答えるでしょう。そのつらさを乗り越えるからこそ、社会で鍛えられていくのです。少しのつらさは乗り越えましょう!