円満退職とは、辞める側と会社のお互いが納得・理解をし、スムーズに引き継ぎをして職を離れることをいいます。会社を退職する際には、双方が納得をした形で、気持ちよく退職したいものです。

円満退職をするには、何に注意をし、どのような手順で進めていけば良いのでしょうか?下記で5つのトピックを挙げていますので、ご参考ください。

【1】転職・退職を決めたら、速やかに報告

まず、転職や退職を決めたら会社に速やかに報告をし、スケジュールを確認しながら準備をすることが大切です。忙しい時期・中途半端な時期に辞めてしまうと、たくさんの人に迷惑をかけてしまいます。

時期を見計らって、会社に退職意思を伝えるのがベターです。退職の意思は早ければ早いほど良いですが、余裕を持って3か月前、遅くても1か月半前には伝えるようにしましょう。

【2】誰に、どのように退職を伝えるべき?

次に、誰にどのように退職の旨を伝えると良いのかを考えてみます。最初に退職の話を伝えるのは直属の上司です。同僚や周囲の人に真っ先に話すのは、自分が伝える前に上司の耳に入るとトラブルになりかねないのでNGです。

そして社長や部長に話すのも、上司の管理能力に問題があるのではと泥を塗る可能性があるのでNGです。直属の上司へは、周囲に聞かれないようなタイミングを作り、直接面と向かって退職の旨を伝えると良いでしょう。

会社が公に退職の旨を公表してから、先輩や周囲の人に話すのがマナーです。

【3】退職理由の伝え方

退職理由はどのように伝えるのが良いかというと、どんなに会社や上司に問題があっての退職だとしても、これまでの不満などネガティブな理由を伝えるのは止めるべきです。

なぜかと言うと、退職や転職の手続き上で上司同士が連絡を取り合ったり、次に働く現場や業界が近かったりすると、前の会社からあなたのことを悪く言われてしまい、新しくお世話になる職場での立場が悪くなる可能性があるからです。

退職届には定年退職や会社からの退職でない限り『一身上の都合で』と記しますが、直属の上司に伝える時は、自分の次の道や将来に対する素直な考えを伝えると良いでしょう。

【4】引き継ぎはしっかりと

会社が退職届けを受理し、退職する日が決まったら様々な手続きや引き継ぎを済ませなければいけません。まず、誰に何を引き継ぐのかを上司や同僚と相談をし、引き継ぐ相手と一緒に引き継ぎにかかる時間や手順を相談し確認をする必要があります。

有休消化などがある場合、休みの前に引き継ぎを終え、必要があればマニュアルを作るなどして、後任に迷惑をかけないよう丁寧に引き継ぎをするようにしましょう。

【5】お世話になった方々へ、直接退職の挨拶を

最後に、今までお世話になった方々への退職の連絡は、メールなどで済ませるよりも出来る限り顔を合わせて挨拶をしましょう。

最後に

円満に退職をするために、上記5つのことはしっかりと抑えておきましょう!やるべきことがたくさんありますが、円満退職のために、漏れなどがないよう、しっかり計画を立てて進めていきましょう。